菊地シート工業株式会社

お客様の「要望」「問題点」「解決したい点」などを共に考え、シート・テント・機能素材を組み合わせて解決いたします。

最新のトピックス

【マーモル®通信10月第4週】万が一の備えに、ファイアプロテクションを。

菊地シート工業㈱の公式情報通信
「マーモル®通信」 2020.10月第4週号

シリカクロスKSSファイアプロテクション」のご紹介

ファイアプロテクション

菊地シート工業㈱の商品で、
「高耐熱」+「不燃」といえば、
シリカクロスKSSファイアプロテクション」です。

シリカクロスは一般的に1000℃までの耐熱性があります。

シリカクロスKSSファイアプロテクション」も1000℃までの耐熱性を有しています。

では・・・
一般的なシリカクロスとファイアプロテクションはどこがちがうのでしょうか。

特徴①
不燃材料認定品+JIS A 1323 A種合格品
ファイアプロテクションの最大の特徴は何といっても「認定品」であるということ。
多くの不燃材料認定品は「常温使用」対象なのに対して、
ファイアプロテクションは約1000℃までの耐熱性を有し、JIS A 1323 A種を取得済。
高温の状況下でも安心してお使いいただけます。

特徴②
片面耐熱コーティング(コーティングは約400℃で気化します)
・一般的なシリカクロスは柔らかく寸法が安定しないものが多いのに比べ、
ファイアプロテクションは片面に耐熱コーティングを施しているので、
作業性がよく、ほつれにくいシートとなっています。

特徴③
いろんな用途で活躍できるシート
・耐熱養生シート(不燃材料認定品が必要な場所でも使用可!)
・アンダーシート(キャンプファイヤーや焚き火、カセットコンロ使用時に!)
・延焼防止シート(万が一の備えに!)
・ケーブルカバーシート(ケーブルの保護材として!)

 

例)コンロアンダーシート↓

こん炉アンダーシート3

 

敷くだけ安心!

シートの上にカセットコンロを置いて

屋外での火の使用をもっと安全に!

 

例)ケーブルカバー↓

IMG_0037IMG_0039

 

 

 

 

(両側にマジックテープ)⇒くるっと巻くだけで
あっという間にケーブルカバーに!

シリカクロスKSSファイアプロテクションにはもっともっと様々な使い道があります。
お客様のお困りごとを解決できるシートになれば幸いです。

シリカクロスKSSファイアプロテクションをこんな場面で使えないか?等の
ご質問もお待ちしております。

シリカクロスKSSファイアプロテクションのページはこちら

◎◎ご質問、お見積りはこちら

ページトップへ
  • 断熱シート
  • 耐熱シート
  • 不燃シート
  • その他
  • KIKUCHI LAB 自社実験を積極的に行っています。
  • 動画ライブラリー 商品情報やイベントレポートなどをすべて動画で紹介します。