菊地シート工業株式会社

お客様の「要望」「問題点」「解決したい点」などを共に考え、シート・テント・機能素材を組み合わせて解決いたします。

最新のトピックス

【マーモル®通信 5月第4週】耐熱断熱材料でケーブル防火テストをしました

菊地シート工業㈱の公式情報通信
「マーモル®通信」 2021.5月第4週号

弊社では社内実験を行っております。

今回はケーブル防火テストの様子をお伝えします。

火花、延焼等の原因により、
ケーブルに着火し、大規模な火災に繋がる場合があります。

ケーブル樹脂が溶けたり、燃えないようにするために、
耐熱、断熱材料を選び、ケーブルに巻き付けて、
その防火性能についてテストしてみました。

テスト材料

使用素材:
ファイアプロテクション(シリカクロス)厚み 0.7㎜
耐炎フェルト 厚み3㎜ +ファイアプロテクション 厚み0.7㎜

テスト方法

それぞれの試験材料に約30秒間、バーナーの炎を当てました。
バーナーの炎の温度は約1200℃(推定)
A:ケーブルのみ
B:ケーブルにファイアプロテクションを巻いたもの
C:ケーブルに耐炎断熱フェルトを巻き付け、
更にファイアプロテクションを巻いたもの

ケーブル防火テストの様子

※埋め込み動画が再生できない場合は、こちらのリンク先をご覧ください。

ケーブル防火テストの結果

A:ケーブルのみ
1-cabl-brn-11

※ケーブル樹脂に火が付き、樹脂は溶けて焦げた。

B:ケーブルにファイアプロテクションを巻いたもの
22-2firepro-brn22

※ケーブル樹脂の表面が若干、溶けて焦げていた。

C:ケーブルに耐炎断熱フェルトを巻き付け、更にファイアプロテクションを巻いたもの
33-1firepro-fert-brn2-3

※ケーブル樹脂の表面は溶けもせず、焦げもなかった。

まとめ

耐炎断熱フェルト+ファイアプロテクションがなぜ防火効果があったのかを考えて見ると、
①ファイアプロテクションがバーナーの炎を貫通させず遮断できたこと
②耐炎断熱フェルトがファイアプロテクションから伝わる高熱を遮断できたこと
が考えられる。

お問い合わせ、ご相談について材料、製品選びのご相談を承ります。

ご相談の場合は、
お問合せフォーム から、
①熱対策の目的 ②使用場所 ③使用面積 ④希望材料等をご連絡下さい。

(ご注意):
誠に申し訳ありませんが、
個人の方のお問い合わせには対応しておりません。悪しからずご了承下さい。

ご質問などございましたら、まずはご相談ください。

◎ファイアプロテクションのページはこちら

◎耐炎断熱フェルトはこちら

◎◎ご質問、お見積りはこちら

 

ページトップへ
  • 断熱シート
  • 耐熱シート
  • 不燃シート
  • その他
  • KIKUCHI LAB 自社実験を積極的に行っています。
  • 動画ライブラリー 商品情報やイベントレポートなどをすべて動画で紹介します。

ピックアップメニュー

  • クイックガイド
  • カタログをダウンロード
  • 事例集
お問合せ
材料選びのご相談はこちら
購入ガイド
English site is here

会社情報

菊地シート工業株式会社 外観

菊地シート工業株式会社

住所
〒538-0042
大阪府大阪市鶴見区
今津中3-7-34

ご相談ください。

透明防音シート オールクリア3S
製品詳細はこちら
アルミ箔遮熱シート
アルミ箔遮熱シート あーつナイ2
製品詳細はこちら
難燃防護服 ご紹介動画
製品詳細はこちらをクリック
採用情報
営業日・休日カレンダー