菊地シート工業株式会社

お客様の「要望」「問題点」「解決したい点」などを共に考え、シート・テント・機能素材を組み合わせて解決いたします。

機能性シート特集

寒冷地・低温対応 耐寒シート 特集

両面シリコン塗布合繊耐熱シートの耐寒性能とは!?

耐寒シート低温環境下では
普通の塩ビシートは硬化して、拡げたり、畳んだりすることが不可能になります。
両面シリコン塗布合繊耐熱シートは、-60℃の環境でも硬化、劣化しない優れた耐寒シートです。

<特 徴>

●耐寒性に優れています。
 耐寒温度は約-60℃です。
(※ドライアイス(-78.5℃)に接触させたテストでは、外見上、劣化が見られませんでした。)
●耐熱性に優れています。
 耐熱温度は約200℃です。
●防水性に優れています。
 水分、水蒸気を吸収したりしません。
●汚れが付きにくいです。
ペンキ、油汚れが付きにくいです。

耐寒性の比較テスト

耐寒テストドライアイスの温度
ドライアイスの沸点は-78.5゚Cです。
よって常温で気化しているドライアイスの温度は-78.5℃となります。
ドライアイスで冷却
そのドライアイスを下記の材料で包み密封して、約2時間、冷凍庫に入れました。
それぞれの材料はドライアイスに接触することで、冷却され接触部は-78.5℃になるものと思われます。
冷却後のシートの変化
このように冷却された後、それぞれのシートの形がどのように変わるかを観察しました。

両面シリコーン塗布合繊耐熱シート

耐寒テスト 号才シート両面シリコーン塗布合繊耐熱シート(合材シート)は、カタログには耐熱温度-60℃~200℃と記載しておりますが、実際のテストでは、2時間-78.5℃のドライアイスで冷却しても、シートは柔軟性があり、硬化は見られませんでした。
また、引っ張たり、揉んでみましたが、特にシートが劣化した様子はありませんでした。

塩ビ樹脂塗布合繊シート

耐寒テスト トラックシート塩ビ樹脂塗布合繊シート(トラック幌用シート)は、-78.5℃に冷却すると、シートは硬化し、拡げるのに力を要しました。
また、拡げる時バリバリと音がしました。

糸入り塩ビシート

耐寒テスト防音シート糸入り塩ビシート(防音シート)は、-78.5℃に冷却すると、シートは硬化し、拡げるのに、非常に大きな力を要しました。
また、拡げる時、バリバリと、音がしました。

<材料名>

両面シリコン塗布合繊耐熱シート 両面シリコーン塗布合繊耐熱シート
<規格>
 サイズ: W1550mm x 50M/巻 
 重量:370g/㎡ 厚み 0.4mm
 トップコート:有り(両面) 
 色:ブラック
<性能>
 耐熱温度 200℃
耐寒温度 -60℃
 引き裂き強度:
30/25 daN(DIN 53363)

<用途>

両面シリコン塗布合繊耐熱シートの用途いろいろ※以上は、イメージ写真です。
①寒冷地用発電設備の保温カバー
②寒冷地用アスファルト合材シート
③寒冷地用車両パーツ保護シート

お問い合わせ、ご相談について

材料、製品選びのご相談を承ります。
ご相談の場合は、お問合せフォーム から、①熱対策の目的 ②使用場所 ③使用面積 ④希望材料等をご連絡下さい。

ページトップへ
  • 断熱シート
  • 耐熱シート
  • 不燃シート
  • その他
  • KIKUCHI LAB 自社実験を積極的に行っています。
  • 動画ライブラリー 商品情報やイベントレポートなどをすべて動画で紹介します。