菊地シート工業株式会社

お客様の「要望」「問題点」「解決したい点」などを共に考え、シート・テント・機能素材を組み合わせて解決いたします。

機能性シート特集

天井、屋根裏、壁用断熱シート 工事用 特集

建物天井、屋根裏、壁の断熱について

発塵が少なく薄い断熱材

建物天井、屋根裏、壁用断熱材は、 従来からグラスウールなど厚みのある材料が使用され ていますが、最近、薄くて、断熱性があり、発塵が少ない材料が求められるようになりました。

アルミ素材の特徴と効果

アルミ蒸着断熱シート、アルミ箔シート、アルミ箔貼りシートは表面が、アルミ素材なので、反射率が大きく、放熱率が小さいという特徴があります。
その特徴から、建物に施工すると次のような効果が見られます。
夏の断熱●夏の断熱
屋根裏に施工すると、夏場は屋根からの輻射熱を反射します。また、屋根裏にあるアルミ付き断熱シートは放熱率が小さいので、天井下への放熱が少なくなります。その結果、室内の温度上昇を抑えることができます。

冬の断熱●冬の断熱
壁内に施工すると、冬場は室内の輻射熱を反射します。また、壁内にあるアルミ付き断熱シートは放熱率が小さいので、壁の外側への放熱が少なくなります。その結果、室内の温度低下を抑えることができます。

その他、各種の機能性シート、フェルトを組み合わせることにより、耐熱、難燃などの機能を有した断熱壁を作ることができます。

天井、屋根裏、壁用に適した遮熱断熱シート

床下用 断熱シート 両面アルミ蒸着シート

両面アルミ蒸着断熱シート

商品名:断熱クッションシート
基材は発泡ポリエチレン

厚み約2.5mm x W1200mm x L50m/巻
重量:330g/㎡
(ご注意:厚みはロットにより若干異なる場合があります。)
・材料構成:アルミ蒸着フィルム+PETクロス+発泡ポリエチレン+
PETクロス+アルミ蒸着フィルムの5層
・断熱性能:熱伝導率 0.04 W/m・k  表面反射率 94(%)

※この材料は防炎品ではありません。

屋祢下の断熱屋根裏に施工すると、屋根からの輻射熱を反射して、かつ、放射率小のアルミの特性により、下方の室内への放熱を少なくします。
発泡材が熱の伝導を抑えます。
クロス入りの5層構造で強度アップ

アルミ箔遮熱

アルミ箔遮熱遮熱シート

商品名:あーつナイ2
※RoHS2指令対応製品です。

サイズ:①t0.1mmx W900mm x L10m /巻 ②W450mm × L10 m /巻 重量:420 g/㎡
「粘着加工タイプ」と「粘着加工なしタイプ」の2種類
●材料:アルミ箔に特殊表面処理をし、その表面にウレタン系樹脂を塗布したシート

天井遮熱・遮熱性能:熱反射率 約83% アルミで輻射熱を反射します。
・厚み0.1mmは、折り曲げが簡単にできますが、手で破れないほどの厚みです。

エア断熱8

アルミ合金箔貼り気泡入りシート

商品名:エア断熱8

サイズ:t8mm x W1200mm x L42m/巻 重量:336g/㎡
●材 料:両面アルミ合金箔貼り気泡入りシート

断熱性能:熱伝導率 0.04 W/m・k
特 徴:アルミで輻射熱を反射し、気泡入りシートが熱の伝導を抑えます。
国土交通省の不燃認定試験に合格した製品です。

難燃性が要求される場合の遮熱断熱材料

片面アルミガラスクロス貼り耐炎フェルト

片面アルミガラスクロス貼り耐炎フェルト

材料:耐炎フェルトの片面に、アルミガラスクロスを貼り付けたシート
サイズ:t2mm x W950mmm × L19.5 m乱 重量 330 g/㎡
サイズ:t4mm x W950mmm × L9.5 m乱 重量 400 g/㎡
●断熱性:熱伝導率 0.04 W/m・k 耐熱性:約200℃
●遮熱・耐熱・断熱すべてこれ一つでOK。
●特 徴:アルミで輻射熱を反射し、耐炎フェルトが熱の伝導を抑えます。保温性が高く、高温下でも溶けない耐炎素材・保温材です。

高温断熱壁材また、高温設備に隣接した場所での断熱対策として、各種の機能性シート、フェルトを組み合わせることにより、耐熱、難燃、遮熱などの機能を有した断熱壁を作ることができます。

お問い合わせ、ご相談について

材料、製品選びのご相談を承ります。
ご相談の場合は、お問合せフォーム から、①熱対策の目的 ②使用場所 ③使用面積 ④希望材料等をご連絡下さい。

ページトップへ
  • 断熱シート
  • 耐熱シート
  • 不燃シート
  • その他
  • KIKUCHI LAB 自社実験を積極的に行っています。
  • 動画ライブラリー 商品情報やイベントレポートなどをすべて動画で紹介します。