菊地シート工業株式会社

お客様の「要望」「問題点」「解決したい点」などを共に考え、シート・テント・機能素材を組み合わせて解決いたします。

機能性シート特集

出火・発火対策カバー&バッグ

昨今、電気・電子機器はモバイル化が進み、自宅以外の交通機関、店舗、宿泊所などで利用する機会が増えてきました
これらの電子機器類は、最近のニュースでも報じられているように、衝撃、破損などの原因により発火する場合があります。
この製品は、機器の万一の発火に備えて、炎を閉じ込め、外部への延焼を 防ぐ耐熱断熱性を有するカバー、バッグです。

製作例:出火対策・延焼防止カバー

発火対策カバー

緊急時の初期消火に

出火対策カバーの用途:
●機器が発火した場合、素早く発火物にかぶせると、初期消火に役立ちます。
●ホテル、簡易宿泊所などでの出荷時の緊急防火シートとしても使用できます。
●また遮光率99.88%なので、耐熱不燃の遮光シートとして 特殊な消火活動(太陽光パネルの火災等)に利用できます。
材料:
KSS ファイアプロテクション ※国土交通省不燃材認定品
厚み0.7mm 耐熱温度約1000℃ 火が着きません。

製作例:発火対策・延焼防止バッグ

発火対策、延焼防止バッグ

発火時の炎、高熱を遮断

発火対策バッグの用途:
●飛行機、自動車、鉄道など交通機関において、乗客が携帯する電子機器が異常発熱、発煙などが生じた場合、初期の段階で、それらの電子機器を収納して、他設備への延焼を防ぐことを目的としています。

<材料例>:三層構成
耐炎フェルト ※難燃繊維JIS A1323 A種合格品 ※PCを傷つけないため、熱の伝導をを抑えるためフェルトを使用。
KSS ファイアプロテクション ※国土交通省不燃材認定品 耐熱温度約1000℃
アルプロテック4585 ※防炎製品認定品
※ご希望に合わせて二層タイプも可能です。

材料の特徴比較について

※弊社商品は、人命に関わることなので、安全性を第一に考えて、従来品と比較して、耐熱性の高い材料を使用しています。

構成材料の性能比較

構成
従来品の材料
弊社製品の材料
材料(A)
難燃フェルト
火は着くが、燃え広がらない
耐炎フェルト
火が着かない、燃えない。
材料(B)
ガラスクロス
耐熱温度 約500℃
10分バーナーテスト後、生地は指で押すと形が崩れました。
ファイアプロテクション 
不燃材料認定品
耐熱温度 約1000℃
10分間バーナーテスト後でも生地は形状を維持していました。
材料(C)
防炎シート
表面は塩ビ樹脂なので耐熱性はない。
防炎性があり、燃え広がらないが、溶けて穴が開く
アルプロテック 4585 
防炎製品 認定品 耐熱温度 約350℃
燃え広がらない。溶けない。断熱性はある。


バーナーによる耐熱テスト

バーナーテストガスバーナーの炎(約1200℃)を近距離から耐熱シートに約10分ほど当てます。

ガラスクロスガスバーナーの炎を従来品の「シリコン塗布ガラスクロス」に約10分ほど当てました。後で、手で触るとシートに穴が開きました。


ファイアプロテクションガスバーナーの炎を当該製品の材料である「ファイアプロテクション」に約10分ほど当てました。手で触ってもシートには穴が開きませんでした。


お問い合わせ、ご相談について

材料、製品選びのご相談を承ります。
ご相談の場合は、お問合せフォーム から、①熱対策の目的 ②使用場所 ③使用面積 ④希望材料等をご連絡下さい。
(ご注意):誠に申し訳ありませんが、個人の方のお問い合わせには対応しておりません。悪しからずご了承下さい。

ページトップへ
  • 断熱シート
  • 耐熱シート
  • 不燃シート
  • その他
  • KIKUCHI LAB 自社実験を積極的に行っています。
  • 動画ライブラリー 商品情報やイベントレポートなどをすべて動画で紹介します。